« 遇法のよろこび(その六) s.62.10.1 | メイン | 遇法のよろこび(その八) s.63.4.1 »

2011年9月19日 (月)

遇法のよろこび(その七) s.63.4.1

 寝苦しい夏の夜、私はこんな夢をみました。山道を歩いていると、一人の大男に出会いました。二言、三言、話しているうちに、彼は突然怒り出し、手に持っていたオノを振り上げて、私にとびかかって来たのです。一目散に逃げました。

 彼は、どんどん追いかけてきます。山を越え、谷を下り、体はイバラに傷ついて、血だらけになりながら、夢中で走りつづけました。もう、ヘトヘトに疲れてね走る気力もなくなったとき、足元がふらついたかと思うと、私は数十メートルもある谷底へ、落ち込んでいきました。この時、ハッと目が覚めたのです。

 私の肉体は、さっきからこの八畳間で寝ておりました。でも、夢の中の自分は、血だらけになって、山野を駆け巡っていたのです。私を追いかけてきた彼は誰か。手に持っていたオノの出所は。事件のあった場所は…。こんな詮索は、全く無意味でありましょう。この肉体をみても、あの生々しい傷跡は見付かりません。しかし、

地図を広げても、あの場所を探すことは、不可能でありましょう。実在しないからです。しかし、私が恐怖を感じたのは事実であり、目が覚めても、あの恐ろしい場面をハッキリ記憶しておりました。あの山も、谷も、人も、すべて私の造った幻影であり、私はそれに脅かされていたに過ぎないのです。

さきに私は、現代の青年たちが宗教に無関心である、と云われる原因の一つとして、科学文明のいま、それはもう迷信に過ぎないとの見方が、支配しているためではないかと考えました。特に、仏教での「地獄・極楽説」にいたっては、もはや、彼らには信じがたいものであり、滑稽でさえありましょう。新人類と云われる息子たちに、これをどのように語り伝えればよいのでしょうか。

 一休禅師の歌に、「火の車 つくる大工はなけれども 己がつくりて 己が乗りゆく」というのがあります。地獄の鬼も、釜も、すべて私が造りだす世界なのであります。その有無について詮索するのは、さきの夢の如く、無意味でありましょう。それはたた゜、私の業によって造られた、幻影の世界であるからです。

「愚かなるかな、汝がつくりし業の網にかかりたり。他人の知らざる業なれば、他人またよく汝をすくはめや」(往生要集) この地獄ばかりでなく、我々の住む世界の事象、すべては業によってつくられた、夢のごとき現象であると教えられました。果てしなき夢に悩んできた私の業の深さ。自己を真剣に見つめるとき、「とても地獄は、一定住み家ぞかし」のお言葉が、私のこととして、自覚されて来るのであります。

 仏のことを、「覚者」とも申します。「めざめた人」のことです。ながき過去より、眠りつづけている私の耳へ、み仏は絶えず呼びかけ給うのであります。それが、念仏であると知らされました。あまりにも深い眠りから、私を目覚めさせるには、ただ目覚めたお方の、御声に呼びさまされるほかに、術(すべ) はありません。「帰命は、本願招喚の勅命なり。」と仰せられておられます。これを、恩師・稲垣瑞釼師は、「信心は、呼び声じゃ。呼び声が、信心じゃ。」と教示されました。

 この仮の世に、夢とも知らず日暮しをしている私に、真実の世界から聞こえてくるお念仏こそは、唯一つのまことであり、尊いみ法であります。「目が覚めて、はじめていると思うなよ。宵よりまもる母の手枕」と、私に呼びかけて護ってくだされる親さまが、ご一緒と聞けば、眠ってよし覚めてよし、どちらでもよいのです。むしろ楽しく安心して、眠れるのではないでしょうか。

 「三千世界の人天の楽しみを、一つに寄せても、念仏行者一人の楽しみにも当たりはせぬ。」と、香樹院徳竜師は申されました。稲垣瑞釼師は、「み仏と、袖をつらねて勇ましく、生死の旅を行くたのしみは。」と、詠じられておられます。

 そして、私は今年の賀正で、「親さまごさると聞けば、何のことはない。わが人生は、すべて遊びである。」と、遇法のよろこびを申し述べさせて頂いた次第であります。

 ◎ 三時の後悔

  一は、若き時、法を求め後生願うたらよかったにと、老いてのち悔やむ。

  二は、達者なときは、死なぬように思い、病にあうて悔やむ。

  三は、命終わり、地獄にて大いなる、後悔をする。(香樹院師)

 ◎ 信心が、どこにあるかと探したら、私が落ちる地獄の底に、

        南無阿弥陀仏、落としはせぬぞの声がする。

 ◎ 信心を、取ろう取ろうに、忘れておった。罪と地獄を忘れておった。(瑞釼師)

        地獄必定のその底に、南無阿弥陀仏の声がする。地獄も来たれ、親がいる。

                                                                                                               (瑞釼師)

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/551767/27107757

遇法のよろこび(その七) s.63.4.1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿